宮藤官九郎、NHK朝ドラ脚本執筆!選ばれたその理由とは?

脚本家の愛称クドカンこと宮藤官九郎(41)さんが、9日
2013年春放送予定のNHK連続テレビ小説の脚本を、
執筆すると、NHKの発表でわかりました。

宮藤官九郎さんがNHKのドラマの脚本を担当するのは、
今回が初めてだそうです・・・

それを聞いて、エっ? NHKではまだ
クドカンのドラマをやってなかったの?
という印象を受けましたね。

宮藤さんは、映画「GO」で日本アカデミー賞
最優秀脚本賞と読売文学賞をW受賞して以来、

テレビドラマでは、「木更津キャッツアイ」や、
「タイガー&ドラゴン」などするどく現代感覚をとらえる
セリフで若者に人気をはくし、

小説の芥川賞や直木賞に匹敵する向田邦子賞など
テレビドラマでも、数々の賞を受けているシナリオライターです。

NHKのドキュメンタリー部門等では、
現代を切り取るような優れた番組を
放送してくれるのですが、

これで、ドラマ部門の方でも、今を感じさせる旬のドラマを
放送してくれることでしょう。

クドカンが今までNHKドラマの脚本を
執筆していなかったことの方が不思議です。

そういう期待を持たせてくれる、
宮藤官九郎さんのNHKの朝ドラ脚本家発表でした。

シナリオの他にも、俳優、監督、
ミージシャンとマルチな才能の持ち主ですが、

個人的は、クドカンのドラマを
沢山見せてもらいたいですね ^^

コメントを残す

サブコンテンツ

懐かしの名場面動画   【Jリーグ20周年PV】

面白動画(猫 バージョン)

Sponsored Link

アーカイブ

お問い合わせ

解析

このページの先頭へ