マイナンバーで副業を会社にバレてクビになる!?

マイナンバーが
いよいよ来月の11月から順次送られて来ますね。

このマイナンバー、
副業を会社に内緒でやっている会社員にとっては、
少し怖いと感じている人もいるみたいなんですよ。

というのも、アフィリエイトで副業している友人に、

「じつはうちの会社、副業禁止なんだけど、
マイナンバーでバレるんじゃないかと心配なんだ」
という悩みを聞かされたりしています。
でも、安心してください!

はいてますから (^^)/
じゃなかった ^^;

バレない方法ありますから、
と友人に教えておきました。
それを今から貴方にも教えますね。

サラリーマンの住民税は、
周知の通り税金は給料天引で
ガラス張りになっています。

つまり税務署が前年の所得を元にして金額を算出し、
それを会社に通告してその税金分を
天引きされるという仕組みになっていますよね。

そこでもし、副業を会社に内緒でやっていて、
副業での確定申告を行った場合には、
副業分の収入も会社の給料分と合算した上で
住民税額が決定されます。
ここで例え話をひとつ。

貴方が同期のAさんと役職が同じで実績もほぼ同等だとしたら、
天引きの住民税はほぼ同額のはずですよね。

しかし、貴方の方がなぜがAさんより住民税額が多かったら、
会社としてはどう思うでしょう?

「あれ?何で多いの?さては副業やってるな?」
と税務署に照合をかけるかもしれませんね。

これまではマイナンバーが無かったので、
税務署側はこうした照合をほとんど行ってきませんでした。

しかし、今度のマイナンバーの導入により、
照合一発で、いとも簡単に会社バレになってしまいます。
だから、給料天引きではなくて、

自分で直接、副業の住民税を納税する
普通徴収を選択すれば全く問題はありません。

つまり給料天引きと自分で直接納付の
2回納税を選択すればOKなんです。

多少の面倒臭さはありますが、
それでも会社バレするよりはずーっとよいですよね。

特にアフィリエイトなどの場合は「報酬」体系なので、
普通徴収で全く問題はありませんよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

懐かしの名場面動画   【Jリーグ20周年PV】

面白動画(猫 バージョン)

Sponsored Link

アーカイブ

お問い合わせ

解析

このページの先頭へ