現役プロ棋士がコンピューターに負けて感じる不安感とは!?

「電王戦」という将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが
激闘する将棋大会があるのですが、

現役の男子プロ棋士が、
公式戦でコンピューターソフトに敗れたのは、
今回が初めてだそうです。

対戦前は「ろくな形勢判断できないコンピューターを叩き潰す!」と
豪語していたそうですが、

残念な結果になりました。

いずれは、将棋の世界でもコンピューターに負けてしまうだろうとは、
誰でも予想していたと思うのですが、

いざ、現実となってしまうと、
漠然とした不安感に襲われてしまう自分がいます。

SFの定番である、コンピューターが人間を支配するという世界が、
その先にはあるような・・・・

そんな途方もない妄想が浮かんだりしてます。

そんなことは、ないですけどね (笑

去年亡くなった米長邦雄永世棋聖が、生前に、
こんなことを話していました。

将棋は、前半、中盤、終局と戦いが3つに分かれているが、

前半の定石の戦いと、終局での詰将棋では、
プロ棋士はコンピューターには勝てないが、

中盤戦では、まだまだ人間の方が、
賢いですから負けません。

そう言ったことを話していた米長さんも
プロを引退した後に、コンピューターに敗れ、

今回は、実力のほどは4段ですが、、
現役バリバリのプロ棋士ですからね。

いずれは、棋界のトップたちも、
コンピューターに敗れ去る時代がくるでしょうか?

プロ棋士たちに、もっと頑張ってほしいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

懐かしの名場面動画   【Jリーグ20周年PV】

面白動画(猫 バージョン)

Sponsored Link

アーカイブ

お問い合わせ

解析

このページの先頭へ