女子バレー、五輪出場決定後のプレーはダレてない?

ロンドンオリンピック出場決定をかけて、27日
セルビアと戦った女子バレー日本代表チームが、

2セット奪取して、
出場権の切符をを手に入れました。

しかし、試合は3対2で逆転負け・・・

2セット獲るまでの女子バレーチームは、
ぜったいにオリンピックに行くんだ
という気迫がみなぎっていて、

力強い試合をしていました。

観戦していても、それがよく伝わってきて、
応援する手にも力が入りましたし、

2セット勝ち取った時は、
「ヤッター!!」と声を上げて喜んだのですが、

このまま3セット目も勝って、
気持ちよくオリンピックに出場して欲しかったです。

ところが、オリンピック出場が決まって、
気が緩んじゃったようで、

2セット獲られて、逆転されちゃいました。

もう、観戦してても、
明らかに気が緩んでいるのが、分かりました。

相手チームセルビアのオグニェノビッチ主将も

「第1、2セットに比べ、日本は緩んだ感じがした」と
はっきりとコメントしていました。

スポーツは勝か負けるかをかける勝負事なので、
一旦、たかが緩むと、ずるずると行ってしまう典型のような試合でした。

この試合は3国に五輪の出場権がかかっていて、

ルビアが勝つとセルビアが五輪に出場でき、

負けると、タイ国が出場できるという試合でした。

力を出し切って、日本が負けたならしょうがないですけど、

こんな形で負けてしまって、

タイ国には、なんか申し訳い気分です。

コメントを残す

サブコンテンツ

懐かしの名場面動画   【Jリーグ20周年PV】

面白動画(猫 バージョン)

Sponsored Link

アーカイブ

お問い合わせ

解析

このページの先頭へ