2012年5月21日金環日食って何?金環日食と皆既日食の違いとは?

2012年5月21日金環日食までの
カウントダウンが6日になりました。

金環日食って何?という人のために、

簡単に説明いたします。

まず言葉を「金環」と「日食」に分けて説明しますね。

「日食」とは、月は地球を1か月かけて回り、
地球は太陽を1年かけて回ります。

その間に、太陽と地球の間に月がピッタリと重なる時が、
何年かに、あるいは数十年に1度あります。

そういう現象を日食と呼びます。

その場合、月によって太陽のすべてが
完全に隠されることを「皆既日食」と言います。

読み方は、「かいきにっしょく」です。

また、地球から観測して、
月より太陽の方がより大きく見えることで、
月の周囲から太陽がはみ出しリング(環)のように
見えることを「金環日食」と言います。

読み方は「きんかんにっしょく」と読み、
「金環食」とも言います。

「皆既日食」でもなく「金環日食」でもない、
部分的に太陽が月によって隠れることを

「部分日食」と言います。

5月21日の朝に観測できるのは、
「金環日食」の方です。

観測できる地域は、
日本の太平洋側の地域で、

南は九州のトカラ列島から、
北は福島県南東部の方までです。

また、それ以外の地域でも、
完全なリング(環)ではなですが、
三日月の形に似た「部分日食」が観れるそうです。

21日の天候が心配ですが、
お天気が良い日であってほしいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

懐かしの名場面動画   【Jリーグ20周年PV】

面白動画(猫 バージョン)

Sponsored Link

アーカイブ

お問い合わせ

解析

このページの先頭へ